PHAROS LIFE SUPPORT
PHAROS カウンセリング カウンセラー紹介 料金・申込み 法人様向け
多目的レンタルスペース アロマテラピー(リフレクソロジー) 提携先のご案内 お問い合せ


携帯用URLとQRコード

about us

カウンセリングとは?

カウンセリングの流れ

カウンセリングメニュー

Onlineカウンセリングとは?

メンタルセミナー開催

コミュニケーションスキルアップセミナー開催

無料カウンセリング

出張カウンセリング

相談内容の具体例検索

よくあるご質問

カウンセラー・アロマセラピスト・スタッフ募集中

無料カウンセリング
お問い合わせ先
お申し込みはこちら
法人様向け

灯台   

ファロスライフサポートは企業・学校・グループの実情に即した実践的で問題



ファロスライフサポートは提携企業/学校/自助グループ/施設/病院を募集しています

私たちファロスライフサポートでは提携していただける各種企業(教育関連、自助グループなど含みます)を募集しております。お話だけでもお聞きになりたい、ということでも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

コミュニケーションアップ研修
各種セミナーまたはファロスライフサポートが提案している「コミュニケーションスキルアップ研修」への詳細

PROBLEM

・メンタルヘルス対策に関してどこから取り組むべきか
・メンタルヘルス対策に関してどこまで実施すればいいのか?
・現在企業で起こっている問題の対策方法で悩んでいる
・企業の実情に即したメンタルヘルスのシステムを検討している
・休職・復職のサポートを検討している

その他、様々なご要望にお応えいたします。

ファロスライフサポートでは職場でのメンタルヘルスをサポートいたします
欧米企業では従業員の相談者として複数のカウンセラーを配置するというシステムが出来ています。
職場での人間関係での悩み、家庭での悩み、仕事への不安……。
職場の人にも、家へ帰っても相談できる人間がいない……。
自分の帰る場所、居場所がない……。
現在、そんなつらい状況に陥っている方もたくさんいらっしゃいます。
日本でもすでに職場や学校でのメンタルヘルスのために専門家を配置して考えなければいけない時代、社会になっています。
ファロスでは職場でのメンタルヘルスに関するセミナーやカウンセリングを行っております。
職場への出張セミナーや出張カウンセリングについてもご相談ください。

詳しくは下記のEAP(従業員支援プログラム)についての内容のご説明をご参照下さい。


EAP
ファロスライフサポート・EAP(従業員支援プログラム)サービスの主な内容
〜メンタルヘルスに関した企業での取り組み・プランの作成について

昨今、企業の社員に対するメンタルヘルスケアの必要性が問われています。
厚生労働省などでもメンタルヘルスケアの法的義務や責任に対して大きく取り組んでおります。
それを受けて企業はどこから・どういう形でメンタルヘルスケアに取り組めば良いのか、検討は始めているものの、前例もなく機能していないまま、放置されているのが多くの企業の現状です。
何かしなければならない・どうしたらメンタルヘルスケアの充実が得られるのか……。
セミナーへの参加を呼びかけたり、定期的に医師やカウンセラーに相談する、といった対策を行うものの満足のいく内容でない、成果がよくわからない、という話をよく聞きます。
今はメンタルヘルスケアは自己責任だけとは言えず、企業での取り組みの充実が求められています。

1. 様々なカウンセリング
社員の方々が心に抱えている様々な問題(適正・人間関係・健康・婚姻・家族・アルコール・ストレスなど)についてカウンセラーがカウンセリングを行います。
その後、問題を解決するための適切な行動プランを作成します。必要な場合は問題解決に適した手段を推薦したり、適切な援助を行う機関をご紹介することもあります。

2. 管理職の方へのコンサルテーション
生産性や能率の低下または問題がある行動、医学的な問題を抱える部下の方に関連する相談に応じます。

3. 管理職の方へのトレーニング
EAPの目的や手続きについての意思疎通を図り、またEAPに関する管理職の方の役割を理解していただくためのトレーニングの実施を支援させていただきます。

4. 人事ご担当、健康管理ご担当の方へのコンサルテーション
メンタルヘルスの専門的知識や技術が管理上必要とされる従業員の方への対応について相談に応じます。

5. 組織へのコンサルテーション
人事制度や福利厚生施策の変更等、職場組織や従業員のモラルや活力に強い影響を与える変化や出来事に関して事前にその影響を緩和するための相談に応じます。
職場の調査等の実施により、心理社会的な労働環境の改善を支援します。

6. 従業員様への教育
EAPサービスを積極的に利用していただくための基本的な教育、またはストレスマネージメント等の予防と自己管理についての教育実施の支援をします。
EAPサービスの内容と利用のすすめ
メンタルヘルスの基礎知識
ストレスコントロール
リラクゼーション
コミュニケーショントレーニング

7. セクシャルハラスメント・パワーハラスメントの相談窓口
企業の社外でのせくはら相談窓口となり、従業員様やセクハラ担当者からの相談を受け付けます。また、被害者(従業員様)の方の精神的被害のケアも行います。

8. 復職(休職)支援プログラム
現在、休職中、または休職を考えている方を対象にしてメンタルサポートを行います。
また具体的なお仕事の内容や心の問題についてのケアをキャリアカウンセラーが行うことも可能です。

9. カウンセリング利用状況のご報告義務
ファロスライフサポートは提携企業様に対してEAPのサービス利用状況について、プライバシーを侵さない個人情報について定期的にご報告いたします。
また報告の媒体などにもご注文に応じます。

 


ストレスによるデメリット
ストレスが業務にもたらす、致命的なデメリットとして以下のようなものが挙げられます。

1. 無断欠勤・無断相対・慢性的な遅刻・疾病逃避・社内でのいじめ

2. 業務・生産性の低下

3. 人間関係の悪化

4. 業務上の事故

5. 心身不調の訴え・アルコール依存・適応障害・ひきこもり

6. 医療費・事故比の負担増・労使間トラブル



ストレスマネージメント
従業員支援サービスによるメリットとして以下のような効果が期待できます。

  1. 業務・生産性の向上
  2. 職場の活性化
  3. 人間関係の改善
  4. 疾病全般の予防効果
  5. 社員のストレス軽減
  6. 社員の能力開発
  7. 事故・ミス・トラブルの減少
  8. 社員のプラス思考の効果
  9. 医療費・事故費の削減
  10. 働きがいの増進
  11. 出勤率の向上
  12. 安心して働ける企業
  13. コスト(経費)削減


社内スタッフとの連携
EAPを導入された場合には、EAPスタッフが御社の組織構成、経営状況、社員の健康状態などをまずヒアリングいたします。
また、御社の人事部門、健康管理部門、管理者の方とも密接に連絡をとり、企業の一部門であるという意識をもって対処します。

守秘義務について
社員の方の問題に関する個人的情報は、企業のいかなる部門にも、本人の同意なしに伝えられることはありません。そうしたEAPに関する規約は、EAP専門化が詳細に説明し、契約されます。

導入サポート
導入される際、EAP専門家が御社に出向き、直接社員や管理者の方に仕組みを広報いたします。

中小企業職業相談委託助成金について
2006年4月1日から、中小企業職業相談委託助成金制度が創設されました。

メンタルヘルスなど職業相談業務を外部の専門機関等に3ヶ月以上委託した場合、費用の一部が助成されます。

1.支給対象者
雇用保険の適用事業主であって、職業(メンタルヘルスを含む)相談を、外部の専門機関等に3箇月以上委託し、当該認定中小企業者等における常用労働者数が減少していないこと。

2.支給額
委託契約に要した費用の1/3又は、雇用する被保険者数の区分に応じて以下の上限額のいずれか低い額
10人未満 10万円
10人以上50人未満 25万円
50人以上100人未満 40万円
100人以上 100万円

⇒詳細はこちらをご覧下さい 【中小企業職業相談委託助成金の概要】 http://www.ehdo.go.jp/new/n_2006/pdf/060401_joseikin.pdf 【Q&A】 http://www.ehdo.go.jp/qa/0402a1.html


| 運営者について | プライバシーポリシー | カウンセラー・アロマセラピスト・スタッフ募集 |

Copyright(c) 2006 PHAROS LIFE SUPPORT, Inc. All rights reserved.